ドローン技術

ドローン飛行(操作)時の基本用語を覚えよう

ドローンを飛行させる(操作する)ときにどのような「用語」を使用しているでしょうか?

“そんなの適当”という方も多いかもしれませんがドローンの飛行(操作)にも実はしっかりとした「用語」が存在します。

ただドローンを飛行させるだけでなく、その前にまずはしっかりとした「用語」を身につけることも大事です。

続きを読む

ドローン包囲網狭まる!次々と開発されるドローン検知システムの現在

3月14日、MSBの取材で兵庫県加古川市に住む40代男性会社員を航空法違反の疑いで書類送検する方針であることが分かりました。

この男性には今年1月、加古川市の住宅街で午後11時頃に無承認でドローンの夜間飛行(夜間飛行をするにはドローンの飛行申請をして承認されなければならない)を実施した疑いがかけられ、男性も容疑を認めているとのことです。

今回は民家の駐車場にドローンが落下したことで事件が発覚しましたが、ある技術によって今後は現行犯による違法ドローンの摘発が増えてくることでしょう。

続きを読む

スポンサーリンク

バッテリーの心配はもういらない?長時間のドローンの飛行の可能性

ドローンを飛行させる皆さんが一番待望していることは何でしょうか…

勝手ながら私はバッテリの心配なしでドローンを長時間飛行できるようになることだと思います。

 

現在市販されているドローンは、短いもので5分程度、長いものでも30分強程度の飛行時間しかありません。

バッテリのヘタリ具合や墜落の危険性などを考えると、スペック上の飛行時間よりも短い飛行時間に抑えている方もいるのではないでしょうか?

しかし、もしドローンが2時間でも3時間でも飛行可能となればどうでしょう?バッテリの容量を気にせずに操縦装置の電波の届く範囲で好きなだけ飛行を楽しむことができるとしたらどうでしょうか?

 

そんな技術が近い将来実現するかもしれません…

続きを読む

スポンサーリンク

ドローンの自律飛行に欠かすことのできないGNSS(GPS/GLONASS)とは

GPSという言葉を聞いたことがない人はいないのではないでしょうか?

それだけGPSは身近なものになっています。カーナビからスマホに限らずドローンの自律飛行や目視外での飛行にもGPSは欠かせないものになってきました。

しかし、GPSは位置を計測する(以降、測位という。)ものということしか知らない方も結構いるかと思います。

そこで、ここではGPSについて詳しく知りたい方のためにできる限り分かりやすく説明したいと思います。

続きを読む

なぜドローンは安定して飛行できるのか?反トルクについて考える

誰でも簡単に安定した飛行を楽しめるドローン。少し前までは考えられないものです。

ヘリのラジコンはずっと前からありましたが、価格も高く操縦が難しくほんの一部の方の贅沢な趣味というイメージでした。

ここでは、ドローンを誰でも安定して飛行させることがなぜ可能なのかについて、ドローンの飛ぶ原理についてお話します。

続きを読む

ドローンの事故を激減させる超音波センサとは

ドローンの事故でも特に多いのが、障害物に衝突し墜落するケースです。

屋外での建造物や木々に衝突するケースはもちろん、室内でドローンを飛行させる際にも家具や壁などへの衝突により墜落するケースが後を絶ちません。

続きを読む

ドローンのカメラを用いた画像処理により「さらなる安定飛行」へ

ドローンでホバリングが安定しているとはどういう状況を示すのでしょうか?もちろん風があろうが飛んでいるドローンに人が触れようが機体の姿勢を維持しつつその場所(空中)に静止することですよね。

ドローンはホバリングする際、GPSを用いた機体の位置(対地座標)やジャイロ等を用いた機体の姿勢の維持に全神経を注いでいます。

しかし、屋内やGPS衛星の配置が悪く精度のよい座標が得られない場合はどうなのでしょうか?ジャイロがドリフト等により精度を欠き、十分な機体の姿勢情報が得られない場合はどうなるのでしょうか?

続きを読む

スポンサーリンク

ドローンの高度を気圧で計測できる【気圧センサ】とは

ドローンによっては“気圧センサ”というものが搭載されているモデルがありますが、“気圧センサ”とはドローンの何に使用されるものなのでしょうか。ここでは、ドローンに気圧センサを搭載する目的、また気圧センサの簡単な仕組みも交えてご説明します。

続きを読む