重要施設(周囲300m含む)上空でのドローンの飛行禁止へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドローンの重要施設上空及びその周囲300mでの飛行を禁止する法律が国会で成立しました。

この法律は、ドローンに加えてパラグライダーやハンググライダーなどの人が乗るものについても適用されるようです。

法律成立の背景

伊勢志摩サミットや東京オリンピックが迫る中、ドローンによるテロが警戒されてきていました。

しかし現状の法律では、テロを防ぐことについてのドローンに対する対抗策(強制排除など)が認められているようなものではなく、早急な法整備が必要との認識が強くなっていました。

そこで、テロ対策強化の一環としてドローンの重要施設上空及びその周囲300mでの飛行を禁止する法律の成立が急がれました。

重要施設とは

重要施設とは、国会・総理大臣官邸・最高裁判所・皇居・大使館・原子力発電所などが含まれます。

これらの施設の上空はもとより、その周囲300mにおいてもドローンの飛行は禁止となります。

違反した場合は

この法律に違反しドローンを飛行させているところを見つかった場合、警察官はドローンの操縦者に対して退去を命じることができ、また必要に応じてドローンを捕獲もしくは破壊することが認められました。

  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. Andralyn より:

    Action requires kndewloge, and now I can act!

コメントを残す

*