ドローンの可能性の向上に貢献が期待される「国家戦略特区」とは?

国家戦略特区とは、国際経済環境の変化やその他の経済社会情勢の変化に柔軟に対応するために、産業の国際競争力の強化及び国際的な経済活動の拠点の形成を推進するために政府が定める地域のことです。具体的には、指定した地域に対して規制の特例措置等を実施する制度のことで、現行の法律や手続きの大幅な緩和または簡易化を図ることができる地域のことです。

国家戦略特区の目標とするところは、世界で一番ビジネスのしやすい環境を整備し日本の経済成長につなげることであり、規制の緩和も含めた「特別な地域」を設定することで民間の能力が十分に発揮できる環境を整えるということです。

地方創生特区とは?

国家戦略特区の枠組みの中で、第2次指定地域より地方自治に対して指定される特区のことを「地方創生特区」といいます。

目次

国家戦略特区とドローンの関係とは?

ドローンが社会的に認知され始めてまだ日が浅く、様々な企業がそのドローンの可能性にチャレンジし始めているところです。しかし、必要だったにせよ航空法の改正や各自治体の規制、ドローンによる様々な事故によりドローンを気軽に飛ばせる環境とはいえなくなってきました。

そこで国家戦略特区の特例を活用し、ドローンを利用した事業促進やドローンを使った催し、またそれに伴った規制緩和などにより、今後ますますドローンが活躍できる場が広がっていくことが期待されます。

これまでに指定された地域(区域)一覧

第1次指定地域

  • 東京圏(東京都、神奈川県、千葉県成田市)
  • 関西圏(大阪府、兵庫県及び京都府)
  • 新潟県新潟市
  • 兵庫県養父市
  • 福岡県福岡市
  • 沖縄県

第2次指定地域(地上創生特区 第1弾)

第3次指定地域(地方創生特区 第2弾)

  • 広島県・愛媛県今治市
  • 千葉市(東京圏の拡大)
  • 北九州市(福岡市に追加)
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメント一覧 (8件)

コメントする

目次
閉じる