ドローンを気軽に楽しみたい!トイドローンの魅力とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ドローンの中でも「小さく」「軽く」「気軽に」楽しめるのが【トイドローン】と呼ばれるドローンになります。

価格も安く抑えられているものが多く、数千円で購入できるものもたくさんあります。また、飛行申請の必要のない200g未満のドローン(飛行申請②-そのドローンは飛行申請が必要?参照)もほとんどがこの【トイドローン】と呼ばれるものです。

トイドローンは何ができるの?

ドローンはその規模や性能で大きく分けると3つに分類されます。

1つ目は測量や空撮に特化したいわゆる業務用ドローンです。価格帯も数十万~数百万と高価でこれからドローンを始めようと考えている人にとっては無縁の長物です。2つ目は Phantom シリーズに代表されるような、ホビーからある程度の業務に耐えるくらいの性能を持ったドローンです。こちらの価格帯は数万円~数十万程度で、趣味でドローンを飛ばす人にとって最終的に手に入れたい憧れの機体でしょう。3つ目が今回紹介する【トイドローン】と呼ばれるもので、価格帯も数千円~数万円程度で気軽に始められる初心者向けのドローンといえるでしょう。

しかし、トイドローンといってもその性能はなかなかのものです。飛行の安定に欠かせないセンサ類(加速度、角速度など)も当たり前のように搭載されており、その小さな筐体にカメラを搭載したモデルもあります。要はトイドローンで気軽に空撮ができるのです。また、FPVと呼ばれるドローンで空撮しながらそのカメラ映像を手元のコントローラーに無線で送信しリアルタイムに空からの映像を楽しむことができるモデルすら存在します。

ただ、トイドローンにも欠点はあります。もちろん上位モデルと比較すると飛行時間や空撮性能などの基本性能は劣ります。また、トイドローンは比較的軽い機体が多く、飛行申請の必要のない200g未満のドローンも多く存在します。飛行申請が必要ないというのは気軽に始めるためにかなりの利点となるのですが、機体が軽いというのは別の問題も生じさせます。

機体が軽いことの欠点とは?

機体が軽いということの欠点とはいったいなんなのでしょうか?

結論から言うと、機体が軽いと屋外での安定した飛行が難しいということです。

機体が軽いということは風などの外的要因に対して弱く飛行安定を失い墜落するリスクが高まります。飛行申請が不要な200g未満のドローンであればなおさらです。200g未満のドローンを風のある日に屋外で飛ばすことは自殺行為に等しいのです。それに対して機体重量の重いドローンであれば少々の風程度ではビクともせずに安定した飛行が可能です。もちろん飛行制御性能にもよりますが、単純に重量の重い機体はそれだけ屋外で安定した飛行が可能と言ってもいいかもしれません。

まとめ

トイドローンの魅力

  • 価格が安い(数千円~数万円程度)
  • 機体重量が比較的軽い(持ち運びが容易)
  • 気軽に空撮を楽しむことができる
  • FPVなどの機能を搭載したモデルも存在する
  • 飛行申請が不要(200g未満の機体に限る)
    飛行申請②-そのドローンは飛行申請が必要?参照)

トイドローンの欠点

  • 基本性能では上位モデルには敵わない
  • 機体が軽いと屋外での飛行が難しい
  • スポンサーリンク
  • スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*